« 久々にお出かけ | トップページ | 帰ってきました »

ネタも無いので最近の読書

 相変わらず遠出も出来ず近所の散歩と読書三昧の日々を送っています。
 今週は最寄の図書館が蔵書点検で一週間休館なのでちょっと淋しいです。

 でも休館前に借りて来た本
『明治の東京生活』角川選書
 これが当たりでした♪
 なので今日はちょっと読書感想文。

『明治の東京生活』は明治31年6月から32年7月までの毎日が書かれた、ある家の主婦の日記をその息子(編纂時90歳)がまとめたもの。
 主婦と言っても松平藩城代家老の4女で、夫も江戸幕府の御船手組所属の勝海舟側近武士の流れを引く家の人間で大倉組勤務だから超エリート家庭なのですが、淡々と綴られる日常が面白いのです。
 葉書一枚が1銭5厘の時代にボーナスが千円出ているのを読んで「流石は金で爵位を買った大倉財閥」と感心してみたり。
 それだけ裕福な家庭なのに娯楽といえば旦那がたまに寄席に行ったり玉突きに行ったり、時々夫婦で氷を飲みに行くくらいで案外質素だったり。
 かと思うと上野動物園にゴリラが来たからと親戚一同で上野に繰り出したけれど、見物前の外食に皆で浮かれてのんびりし過ぎて、気付いたらとっくに閉園時間の4時を回っていたなんて話もあり。
 読みながら「サザエさんか!」と突っ込みましたよ。

 家族の他に女中がいて、下男がいて、赤子の乳母がいて、抱えの車夫がいて、親戚づきあいが頻繁にあって。
 そんな家庭を25歳の若さとは思えないほどしっかりした主婦が、きっちり切り盛りしてる様子が伺える日記です。
 当時の女らしく姑に仕えて夫に仕えて地味に家を守っての日々なのですけれど、家内円満で閉塞感が無いところが気持ち良いです。
 自然主義文学とか読んでると、当時の女はとにかく酷い扱いばかり受けているように思えますからねぇ。

 もうちょっと砕けた中流家庭や下町の主婦の日記も読んでみたいけれど、毎日欠かさず日記を付けていてそれが現在まで残ってる状況というのは難しいのだろうなぁ。

|

« 久々にお出かけ | トップページ | 帰ってきました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ネタも無いので最近の読書:

« 久々にお出かけ | トップページ | 帰ってきました »